ニチニチソウ ~ ビンカアルカロイドと総称される10種以上のアルカロイドが全草に含まれる

5



ニチニチソウ(カタランサス・ロゼウス:Catharanthus roseus)は、色鮮やかな白からピンク、紫色の花を咲かせるキョウチクトウ科ニチニチソウ属の一年草です。


マダガスカルからインドが原産ですが、熱帯地方に広がり、観賞用の園芸植物として世界中で栽培されています。


全草すべての部分は毒性があり、ビンカアルカロイド、特にビンブラスチンを含んでいます。

症状

重度の下痢
麻痺
昏睡
死亡

この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク
336×280
キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280