肺虫(Lungworm) ~ 通常は慢性的な咳を伴います



肺虫は、寄生生物であるジクチオカウルス・アルンフィエルジ(Dictyocaulus arnfieldi)によって引き起こされる馬の下気道感染症です。


D.arnfieldiは、自然宿主(キャリア)であるロバによく見られます。ロバは糞の中にD.arnfieldiの卵を排出し、これが急速に成長して感染性の幼虫になります。


幼虫は、良好な環境条件の下、牧草地で6~7週間生存することができますが、ロバの糞尿が堆積した湿った場所や日陰で繁殖する可能性が高くなります。


馬は牧草地にいる幼虫を摂取することで感染します。


馬が摂取した幼虫は、肺にまで到達します。


馬は肺の中に幼虫がいることで感染の臨床症状を示し、通常は慢性的な咳を伴います。この咳は、呼吸の呼気相が延長している馬が観察される息労の馬の咳と非常によく似ています。


肺虫症の治療は非常に簡単で、イベルメクチンを1回だけ経口投与することです。投与後数日は、一時的に臨床症状が悪化することがありますが、その後急速に改善します。

症状



●慢性的な咳

●呼吸数の増加

●両側の鼻汁

●運動不耐性

●体重減少

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●内視鏡検査

●気管吸引物

●BAL

治療



※イベルメクチン:0.2mg/kgを経口投与

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280