薄殻卵や産卵減少の原因!ニワトリの低カルシウム血症



低カルシウム血症は、ニワトリの血中カルシウム濃度が危険なレベルまで低下したときに起こります。


これは主に雌鶏、特に過剰な産卵特性を持つことが知られている元産卵鶏および品種においての問題です。産卵には卵殻を形成するためのカルシウムが必要であり、体内からカルシウムが枯渇するためです。

ニワトリにおける低カルシウム血症の原因



ニワトリの低カルシウム血症には多くの原因があり、毎日の食餌で十分な量のカルシウムを摂取しているニワトリであっても原因は多い。以下のものを摂取したニワトリでは、食餌中のカルシウムを減らすことができる。

●Ca:P比が2:1になるように、リンを過剰に含む食餌をとる。


●シュウ酸を多く含む食品(キャッサバ、ホウレンソウ、ニンジン、ビートの葉、レタス、サツマイモ、カブ)は、不溶性のシュウ酸カルシウムを形成し、カルシウムの有効性を低下させます。


●過剰なビタミンC



いくつかの異なるビタミンやミネラルはカルシウムと相互作用し、カルシウムと相互作用するものもあれば、体がカルシウムを吸収するために必要なものもあり、またそれに対抗するものもあります(拮抗薬)。

カルシウム食品源



●石灰岩: 38%Ca

●カキ殻: 38%Ca

●炭酸カルシウム: 40%Ca

●骨粉: 26%Ca 13%P

●リン酸一カルシウム: 17%Ca 25%P

●リン酸二カルシウム: 21%Ca 20%P

●リン酸三カルシウム: 23%Ca 19%P

●脱フッ素化リン酸塩: 34%Ca 19%P

●リン酸キュラコ: 35%Ca 16%P

●リン酸(75%): 25%P

鶏のカルシウム栄養要求量



●6週間まで
Ca:0.90%
P:0.40%
ビタミンD3:200ICU

●6~20週間
Ca:0.80%
P:0.30%
ビタミンD3:250ICU

●20週以上
Ca:4%
P:0.31%
ビタミンD3:375ICU

●20週以上(ブリーダー)
Ca:3.25%
P:0.35%
ビタミンD3:300ICU


鶏がカルシウムを吸収できるようにするには、適切な量のリン(P)とビタミンD3が必要です。

臨床兆候



●産卵低下

●小さな卵

●薄殻卵

●骨折のリスクの増加

治療



●カルシウム


食餌に含まれるカルシウムの経口補給、または砕いたカキ殻や石灰石などカルシウムを豊富に含む食餌を給与する。

予防



バランスのとれた飼料を給与し、産卵鶏に石灰石や砕いたカキ殻などのカルシウム源を追加します。オオバコを含む食事を補給するとカルシウムの吸収が高まることがあります。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280