ロコ病(Locoism) ~ ロコ草の慢性的な摂取に起因する馬の神経学的状態



ロコ病はロコ草中毒としても知られており、ロコ草の慢性的な摂取に起因する馬の神経学的状態です。ロコ草は多年生の顕花植物であり、家畜にとってより深刻な有毒雑草の1つと考えられています。


44種類のロコ草があり、その多くは草原や放牧地でよく見られます。


世界中で馬、羊および牛におけるロコ草中毒の事例が数多く報告されています。世界中のさまざまな地域でさまざまな種類のロコ草が育ちます。

ロコ草の種類



●ゲンゲ属とオヤマノエンドウ属

米国西部と中国

●オーストラリア産草本と亜低木の属

オーストラリア

●ヒルガオ科:(ipomoea carnea イポモエア・カルネア)

モザンビーク

●ホソバキンゴジカ(細葉金午時花)とヒルガオ科(ツルビナ属)の植物

ブラジル

毒性成分



ロコ草にはスワインソニンというインドリジジンアルカロイド (indolizidine alkaloid)が含まれており、長期間摂取すると馬などの動物に毒性を示します。


本物質はリソソームのα-マンノシダーゼに対して顕著な阻害作用を有し、糖蛋白質合成を阻害し、罹患馬のリソソーム蓄積症を引き起こします。


ロコ病を有する馬は、神経学的および行動学的障害、ならびに歩行異常を発症し、異常な姿勢、対称性運動失調、後肢の運動失調、るい痩、および立位困難を引き起こします。


汚染された牧草地で数週間から数ヶ月間ロコ草を摂取した後、臨床的兆候が観察されます。

症状



●変化した、しばしば攻撃的な行動

●飲食物の摂取拒否

●歩行異常

●不活発

●立ったり歩いたりすることが困難

●視覚障害

●姿勢の異常

●対称性運動失調

●千鳥歩行

●抑うつ

●震え

診断



●病歴

●臨床徴候

●病理組織学的病変

●スワインソニンの血中および組織中濃度

●マンノース含有オリゴ糖の尿含有量が高い

治療



※ロコ草に汚染された地域に馬を立ち入らせないようにする

これにより、関連する臨床症状の一部が緩和される可能性がありますが、ほとんどの場合、行動の変化は永久に続きます。

※気分高揚

トラニルシプロミン、プロトリプチリン、レセルピンなどの気分を高揚させる薬を併用すると効果的かもしれません。

予防



※過剰な放牧を避けることに注意すべきです。馬は通常、他の飼料が手に入らない場合を除いて、食餌の一部としてロコ草を摂取することはありません。

※牧草地に侵入する可能性のある雑草や、馬にとって有害な植物の種類を知っておきましょう。

※定期的に牧草地を散歩して、有毒植物がないか確認する

※干し草に乾燥した有毒植物が含まれていないか確認する

※農機具を貸し借りする場合は、敷地に到着する前に、その農機具がきれいになっていることを確認する。

※新しく導入した動物は、到着後10日から2週間は別のパドックで隔離します。

予後



植物に暴露しないことで、症状が緩和されることもありますが、行動の変化は永久に続く可能性があります。

スポンサーリンク
336×280