局所麻酔薬の臨床応用 ~ 局所麻酔薬は小手術のための局所麻酔や後半身の手術のための麻酔に用いる



局所麻酔薬は小手術のための局所麻酔や後半身の手術のための麻酔に用いる。

表面麻酔



眼、鼻腔、口腔などの粘膜に局麻薬液を塗布または噴霧し、または軟膏として塗布する方法です。浸透性の高いことが要求されるので、一般にリドカインが用いられる。


外皮の創傷や潰瘍の疼痛を除く目的で難溶性の局麻薬を散布する方法もありますが、高い有効性は期待できない。

浸潤麻酔



麻酔しようとする部位の皮下に小量ずつの局麻薬液を分割注入して、浸潤させて周辺の知覚神経末端を麻酔する方法です。皮内に注入することもあります。

伝達麻酔



神経幹の周辺に比較的高濃度の局麻薬の小量を注入して、その神経の支配下の知覚を失わせる方法です。


馬の四肢の手術や跛行の診断に応用されます。


脊髄神経が椎間孔から出る部位へ局麻薬を適用してその支配下を麻酔する方法は脊柱側麻酔法と呼ばれる。


牛の乳房の麻酔には第4腰椎神経を麻酔する。

硬膜外麻酔



局麻薬液を脊髄硬膜外に注入し、硬膜から出た神経を麻酔する方法で、家畜に応用されます。麻酔の範囲は注入部位、注入量、エピネフリン併用の有無、動物の体位によって異なる。

家畜における硬膜外麻酔はその適用部位によって3種類に分類される。


腰椎麻酔



腰椎部のクモ膜下腔に局麻薬を注入する方法で、ヒトでは下半身の麻酔に用いますが、家畜では危険性が高くて用いられない。


硬膜外麻酔と腰椎麻酔とを合わせて脊髄麻酔と呼ぶことがあります。

腰椎部麻酔:腰椎骨の間から硬膜外腔へ注入する方法ですが、施術が困難で危険性を伴う。

一般には脊柱側麻酔法で同一の目的を達することができる。


仙骨前麻酔



最終腰椎骨と仙骨との間から注入する方法で、犬と豚に用いる。


腹腔後部、乳房、後肢の皮膚が麻酔される。


後肢の運動麻痺は完全であることもあり、不完全で保定が必要な場合もあります。


豚の一次SPFを作出するための帝王切開では適切な麻酔薬がなく、この方法が汎用されていました。しかし豚では外表から仙骨を認定する事ができないので施術が難しく、現在ではアザペロンとメトミデートのNLA麻酔も用いられる。


犬では不確実で、他の麻酔法より危険性が高い。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280