リステリア症(Listeriosis) ~ 流産、敗血症または髄膜脳炎の急速な発症を特徴とします



リステリア症は、リステリア菌による細菌感染症です。この疾患は、流産、敗血症または髄膜脳炎の急速な発症を特徴とします。


死亡は臨床徴候の最初の発現から24~48時間後に起こる傾向があります。


リステリア症は積極的かつ迅速に治療する必要があります。リステリア症は人獣共通感染症であるため、人にも感染する可能性があります。


ヒトのリステリア症の症例はまれですが、死亡率は50%にもなり、この細菌に感染した妊婦は中絶する危険性があります。

症状



●元気消沈

●見当識障害

●顔面神経麻痺

●過度の唾液分泌

●食欲不振

●流産

●歩様不安定

●斜頚

●回旋運動

●起立不能

●横臥

●知覚麻痺

●燕下困難

●呼吸促迫

●昏睡状態

●咽喉頭麻痺

●乳房炎

●敗血症

治療



※ペニシリンG、ナトリウム

4万IU/kg、静注、QID後、ペニシリンGプロカイン2万IU/kg、筋注、BID

※オキシテトラサイクリン

10mg/kg、静注、BID、少なくとも3日間

※デキサメタゾン

0.1mg/kg/日静注

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280