リステリア・モノサイトゲネス(listeria-monocytogenes) ~ リステリア症



リステリア・モノサイトゲネスは、真正細菌の種の1つです。食品媒介性病原細菌の1種であり、リステリア症の病原菌として知られています。


その非常に高い病原性は、宿主の生体防御機構の第一線となる食細胞による殺菌を免れるエスケープ機構を有することによると考えられています。


また、レジオネラ菌、サルモネラ菌、ブルセラ菌などと同じく、マクロファージに貪食されても殺菌されずに生存し、さらに増殖する細菌(細胞内寄生性細菌)です。


リステリア症は、リステリア・モノサイトゲネスの感染によって引き起こされる病気を指し、脳炎、髄膜炎、および敗血症として現れます。


伝播:他の多くの一般的な食中毒の原因菌とは異なり、リステリア(Listeria)は低温で生存し、増殖することができ、通常は冷蔵庫に見られ、大量のリステリアに汚染された食べものを食べることが主な感染経路です。


リステリア症のアウトブレイクに最もよく関連する食品には、冷蔵保存下での長期保存が可能な食品が含まれます。


環境中での生存:リステリアは自然界に広く分布遍在しており、温帯地域でよくみられます。発生源には、土壌、糞尿/下水、農場のスラリー、汚泥、サイレージ、動物飼料、水、並びに哺乳動物及び鳥類の排泄物/糞便が含まれます。


また、農場やその他の環境の壁、床、排水路、腐敗性植生、河川、牧草地、工場排水などからも隔離されています。リステリア症の研究では、5℃で本菌は牛乳、脳、糞便、サイレージ中でそれぞれ13、16、12、12年生存しました。


宿主:乳牛が主な保菌源となり、高レベルの病原体は、肥育土での増殖によって汚染された不適切に発酵させたサイレージを与えられた動物において発生します。

分類



目:バシラス目(Bacillales)

科:リステリア科(Listeriaceae)

属:リステリア(Listeria)

宿主



●牛

関連疾患



●リステリア症

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280