リンコサミド(lincosamides) ~ グラム陽性菌、マイコプラズマ、豚赤痢菌に対して抗菌性を示す



リンコサミドはマクロライドと同様な作用機序で働く抗生物質ですが、作用点が少しずれており、化学構造が大幅に異なり、交差耐性がみられない。

リンコマイシン(lincomycin)



リンコマイシンはマクロライドと類似する抗生物質です。グラム陽性菌、マイコプラズマ、豚赤痢菌に対して抗菌性を示す。


ペニシリンやエリスロマイシンに耐性になった菌や嫌気性菌に対しての有用性が高い。この薬物はプラスミド性の耐性を生じない。


腸管吸収性は中程度で腸管循環率が高いので、豚赤痢の治療に経口投与で用いる。


また、好中球には能動輸送系で取込まれ、細胞内で静菌作用を示すので、ブドウ球菌のような細胞内増殖菌に有効性が高く、犬の膿皮症に注射で用いられる。

クリンダマイシン(clindamycin)



リンコマイシンの塩素誘導体で、脂溶性を高めて腸管吸収率を上げている。


その他の性格はリンコマイシンと同一であり、犬の膿皮症に経口投与で用います。

スポンサーリンク
336×280