シラミ(Lice) ~ ウシの皮膚病の最も一般的な原因の一つです



シラミの寄生はウシの皮膚病の最も一般的な原因の一つです。


ウシに寄生するシラミにはいくつかの種が知られており、ウシジラミ(ハエマトピヌス・エウリステルヌス:Haematopinus eurysternus)、ウシホソジラミ(リノグナツス・ビツリ:Linognathus vituli)および、ケブカウシジラミ(ソレノポテス・カピラツス:Solenopotes capillatus)および、ウシハジラミ(ダマリニア・ボビス:Damalinia bovis)があります。


全てのシラミ種は急速に増殖し、群れ内の他のウシに広がります。


感染した牛は、壁や木にこすりつけたり、過剰に毛繕いをしたり、皮膚の炎症の兆候を示したりすることが頻繁に観察されます。


また、シラミの成虫は肉眼で見ることができ、小さな白いシラミの卵が牛の毛に付着しているのを見ることができます。

症状



●過度の擦り傷またはひっかき傷

●皮膚過敏症

●過剰な毛繕い

●毛についた小さな虫や卵

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280