致死性白症候群(Overo Lethal White Foal Syndrome) ~ 生後72時間以内に疝痛を起こして死亡します



致死性白症候群(Overo lethal white foal syndrome:OLWS)は、常染色体劣性遺伝による致死性の疾患で、両親から変異したOLW遺伝子を受け継いだ新生仔馬が罹患します。


OLWSは、子馬の消化器系の発達障害により、子馬の神経系に影響を与え、その結果、腸の異常をきたし、生後72時間以内に疝痛を起こして死亡します。


白いオーバーコートパターン(斑点のある毛色パターン)を持つ馬は、OLW遺伝子のキャリアである可能性が高いです。しかし、まれにソリッドカラーの馬もこの遺伝子を受け継ぐことがあります。


オーバーコートパターンは、首と胴体の側面と腹面に白い模様があると表現されます。


トビアーノと混同されやすいのですが、トビアーノは頸部、腰部、脚部の背側に白い部分が多いのが特徴です。オーバーコートパターンの毛色を持つ馬の品種には、アメリカン・ペイント・ホース、アメリカン・ミニチュア・ホース、クォーター・ホース、サラブレッド、ハーフ・アラビアなどがあります。


OLWSは、人間の病気であるヒルシュスプルング病に相当する馬の病気です。馬と人の両方において、エンドセリン受容体B遺伝子(EDNRB遺伝子)の変異部位から同様の消化管作用が生じます。

DNA検査



馬が突然変異した遺伝子を持っているかどうかを確かめるには、DNA検査を行うしかありません。


検査に使用されるサンプルは、毛や血液などです。ただし、DNA分析の精度を高めるためには、サンプルを適切に採取することが重要です。

●毛髪サンプル

毛髪サンプルを使用する場合は、たてがみと尾から採取した15~20本の毛髪、および根毛を含まなければならない。


●血液サンプル

血液サンプルを使用する場合は、凝固していない状態で冷蔵保存し、24時間以内に検査室に届けなければなりません。

症状



●出生直後の仙痛徴候

●生まれつき特徴的な白い毛並み

●わずかな心拍数の上昇

診断



●病歴

●臨床兆候

●DNA鑑定

●超音波

●レントゲン写真

治療



※治療法はなく、仔馬は通常、痛みに対する支持療法(フルニキシンメグルミン)が行われ、最終的には安楽死させられます。

予防



※変異したフレームを過剰に含む可能性のある馬を繁殖させないこと。

※疑われる繁殖馬のDNA検査用サンプルを提出する。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280