レプトスピラ症(Leptospirosis) ~ 不妊等の繁殖障害が認められますが多くの個体は無症状



レプトスピラ症は、世界中の家畜や野生動物に影響を及ぼす人獣共通感染症です。これは、病原性細菌であるレプトスピラ属細菌(Leptospira spp)によって引き起こされます。


牛は、いくつかのレプトスピラ血清型の偶発的な宿主(家畜伝染病予防法による届出対象は以下の7血清型です:ポモナ(Pomona)、カニコーラ(Canicola)、イクテロヘモリジア(Icterohaemorrhagiae)、グリポティフォーサ(Grippotyphosa)、ハージョ(Hardjo)、オータムナーリス(Autumnalis)、オーストラーリス(Australis))として認識されており、レプトスピラ感染症は牛では一般的ですが、そのほとんどは不顕性であり、臨床症状はほとんど見られません。


伝播:牛は汚染された土壌、飲料水、飼料および敷料を介してレプトスピラに直接または間接的に接触することにより感染します。


維持宿主(感染の無症候性キャリア)は、腎尿細管の慢性感染により、レプトスピラを長期間尿中に排出することがあります。


潜伏期間:潜伏期間は2~20日間で、ウシにおけるほとんどのレプトスピラ感染症は不顕性です。疾患の臨床徴候は通常5~18日間持続します。

症状



●発熱

●黄疸

●血色素尿

●乳量減少

●流産

●死産

●不妊

●元気消失

治療



※抗菌薬療法

予防



※停滞水や潜在的なキャリアへの曝露を制限する

※バイオセキュリティー

※ワクチン

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280