レプトスピラ症(Leptospirosis) ~ 溶血性黄疸を伴う急性敗血症や流産の動物間流行が発生



レプトスピラ症は、レプトスピラ・インターロガンス(Leptospira interrogans)によって引き起こされる伝染性の人畜共通感染症です。


ヤギの感染症の多くは無症状ですが、溶血性黄疸を伴う急性敗血症や流産の動物間流行が発生しています。


レプトスピラ症はイランおよびイスラエルの飼育されているヤギにとって重要であり、高い罹患率および死亡率を伴うアウトブレイクが発生しています。


ヤギは、野生のげっ歯類やその他の感染家畜が尿中に本菌を排出することで、L.interrogansに曝される可能性が高く、それ自体が持続的な感染源とは考えられていません。


一般的には、感染した動物の糞便や尿で汚染された湖や池などの淀んだ水との接触によって感染します。

症状



●粘膜蒼白

●発熱

●流産

●黄疸

治療



※支持療法

予防



※停滞している水源や滞留している水源へのヤギの曝露を最小限にするか排除します。

※バイオセキュリティー

感染症の伝染のリスクを最小限に抑えるために、動物や植物への有害な生物の侵入や拡散を防ぐことを目的とした対策。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280