円虫感染症(Strongyle Infection) ~ 円虫類線虫は馬の最も重要な消化管寄生虫の一つです



ストロングリダ(Strongylida)亜目に属する円虫類線虫は、世界中の馬の最も重要な消化管寄生虫の一つです。


馬に最も多く寄生する大円虫類は、ストロンギルス・エデンタータス(Strongylus edentatus)、ストロンギルス・エクイナス(S.equinus)、ストロンギルス・ウルガリス(S.vulgaris)の3種類です。


これらの寄生虫は、馬の消化器系に生息している間に卵を産み、糞を介して馬から排出されます。


糞の中で生きている間に、卵は成長を始め、感染性の第3段階の幼虫になり、糞の周囲の環境を汚染します。同じ馬、または同じ牧草地で草を食べている他の馬が、草を食べている間に幼虫を摂取する可能性があります。


摂取されたストロンギルスの幼虫は、馬の体内の特定の器官に移動しますが、ストロンギルスの種ごとに特定の器官を好む傾向があります。


例えば、ストロンギルス・ウルガリス(S.vulgaris)は馬の血管系に、ストロンギルス・エデンタータス(S.edentatus)は肝臓と後腹膜に、ストロンギルス・エクイナス(S.equinus)は肝臓と膵臓に生息しています。


血栓塞栓症の疝痛は、ストロンギルス・ウルガリス(S.vulgaris)の幼生の移動によって引き起こされます。

症状



●運動能力の低下

●繰り返す仙痛

●くすんだ毛並みやざらついた毛並み

●太鼓腹

●咳

●嗜眠

●下痢

●発育不良

●体重減少

●死亡

診断



●病歴

●便検査

治療



※畜舎全体のプログラムの実施による駆虫。

予防



※可能であれば、牧草地をローテーションする。

※牧草地の馬糞を定期的に除去する。

※牧草地を過密にしないこと。

※暑くて乾いた時期だけ牧草を刈り、数週間は馬を入れないようにする。

※幼虫は他の種に食べられると不活性化するので、馬が使用していた牧草地に牛、羊、ヤギを交代で入れる。

※堆肥肥料

※馬への餌やりは、地面からではなく、バケツで行います。

※年齢別に牧草地をグループ化して、若い馬への暴露を減らす。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280