蹄葉炎(Laminitis) ~ 有蹄類の蹄部で発生する有痛性の疾病のひとつ



蹄葉炎は、有蹄類の蹄部で発生する有痛性の疾病のひとつであり、馬や牛で発生が報告されています。


これは、牛の全身的な代謝障害の局所的な症状です。栄養、管理、確認、遺伝、分娩、後足の外側の爪の負担など、様々な要因によって引き起こされます。


蹄葉炎は、乳牛の跛行を引き起こす最も重要な蹄関連疾患の一つであり、跛行症例の41%以上を占めています。


蹄葉炎は、不顕性および臨床段階で発生します。

症状



●痛みを伴う、熱感のある足

●重度の跛行

●寝転がる

●異常な歩行

●沈鬱

●異常姿勢

●足の変形

●広がった白線

治療



※全身性NSAIDs(フルニキシンメグルミン、メロキシカム)

※コルチコステロイド

妊娠牛に投与してはいけません。

※利尿薬

※柔らかい地面の運動場に整備または改善する。

※蹄のトリミング

予防



※牛に1日2kgを超える濃厚飼料を給与しないこと。

※濃厚飼料を与える直前と直後に、継続的に粗飼料を摂取させる。

※ヨウ化物や岩塩を補給する。

※濃厚飼料に添加した1%炭酸水素ナトリウムを1日3~4回に分けて増量

※食物繊維の多い食餌を与える。

※経験豊富な家畜飼養者による定期的な爪切りを牛に受けさせる。

※石やコンクリートなどの硬い表面への露出を最小限に抑える。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280