低マグネシウム血症(Lactation tetany) ~ 低マグネシウム血症を有するヤギが筋痙攣を発症することです



低マグネシウム血症は、授乳テタニーとも呼ばれ、血中マグネシウム濃度が低いという生命を脅かす状態です。これは、春の牧草地で授乳する場合によくある問題です。


代用乳で子山羊を育てるのも同様の症状で、ミルクテタニーと呼ばれます。


低マグネシウム血症(血中マグネシウム濃度の低下)と乳熱(血中カルシウム濃度の低下)の顕著な特徴は、低マグネシウム血症を有するヤギが筋痙攣を発症することです。


また、低マグネシウム血症は通常、泌乳初期に起こり、一般に泌乳最盛期に起こる乳熱とは対照的です。

症状



●運動失調

●凝り

●過興奮

●横臥

●パドリング

●重度の腱筋痙攣

治療



マグネシウムおよびカルシウム溶液:静脈内に投与し、通常、その後硫酸マグネシウム溶液および経口マグネシウム補給剤を皮下注射します。

症状



※妊娠期および授乳期を通して血中ミネラル濃度をモニタリングする。

※必要に応じて、妊娠後期から泌乳初期までマグネシウムの適切な経口栄養補助食品を給与しますが、乾物(乾燥物質)の0.4%を超えてはいけません。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280