鳥類クラミジア症(オウム熱、オウム病)

野生のインコ
野生のインコ


鳥類クラミジア症(AC)は、細菌クラミジアオウムによって引き起こされる人獣共通感染症です(人間も感染する可能性があることを意味します)。


病気はしばしば野生またはペットのオウム、インコ、コンゴウインコ、オカメインコへの接触(曝露)に関連しています。


なぜなら、それらは保因者であることが知られているからです。


鳥類のクラミジア症は、株の病原性、感染量、ストレス要因、年齢、治療または予防の程度に応じて、急性、亜急性、または慢性の形で発症する可能性があります。


ニワトリの鳥類クラミジア症の臨床徴候はしばしば非特異的であり、嗜眠、食欲減退、および羽毛を膨らませて無気力の症状が表れます。


他の徴候には、目または鼻孔からの漿液性または粘液膿性の分泌物、結膜炎、下痢、および糞便中の緑から黄緑の尿酸塩の排泄が含まれます。


鳥が深刻な影響を受けると、まばらな濃い緑色の糞が生成され、その後、衰弱と脱水が起こり、死に至る場合があります。



鳥類クラミジア症はどのように鶏に伝染するか



C. psittaciは、感染した鳥からの眼球と鼻腔の乾燥した糞と分泌物等の吸入、または汚染された糞の摂取によって伝染します。


野鳥は保因者となりえ、 C. psittaciの潜伏期は3日から数週間の範囲です。

鳥類クラミジア症の診断方法



鳥類クラミジア症は血液検査では、一般的に、有毒な変化を伴う異好性/リンパ球減少を伴うWBCの上昇が見られます。


総タンパク質は、ベータおよびガンマグロブリンの増加とともに上昇します。


死後の病変には、肺のうっ血を伴う脾臓および肝臓の拡大が含まれます。 壊死性脾炎、肝炎、間質性肺炎、腎炎が組織学的にみられることがあります。


また生物は、 C.psittaci PCR(DNA)プローブと組織を使用して、または培養によって確認できます。

ニワトリの鳥類クラミジア症の治療



ドキシサイクリンは、第一選択の薬です。


ただし、ドキシサイクリンが利用できない場合は、オキシテトラサイクリンも使用できます。

鳥類クラミジア症の臨床兆候



●糞中の緑から黄緑の尿酸塩

●沈うつ、無気力

●結膜炎

●食欲不振

支持療法



鳥を群れから隔離し、安全で快適で暖かい場所に置き、ストレスのない生活をさせます。


●ドキシサイクリン


最初の選択の薬


●オキシテトラサイクリン


ドキシサイクリンが利用できない場合

鳥類クラミジア症の予防



ペットの鳥(オウム類)を鶏と同じ環境に住まわせないでください。 また野鳥への接触(暴露)を防ぐ。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280