クネミドコプテス・ガリナエ(Knemidocoptes gallinae) ~ ニワトリヒゼンダニ



クネミドコプテス・ガリナエ:Knemidocoptes gallinaeは、別名、ニワトリヒゼンダニ(depluming mite)として知られています。


ニワトリの脚や足の鱗の下に穴を掘るヒゼンダニではなく、羽毛の軸の基部の皮膚に穴を掘るダニです。これは鶏に激しい刺激と痛みを伴います。


それらは世界中の平飼いの家禽群に見られます。このダニは羽毛の軸に沿って鶏の皮膚に潜り込み、羽毛が簡単に折れる原因にもなります。


季節的影響:ニワトリヒゼンダニは、春と夏に多く発生し、秋には数が少なくなります。彼らの生活環は10~14日間かかります。

分類



目:ササラダニ目(Sarcoptiformes)

科:ヒョウヒダニ科(Epidermoptidae)

属:クネミドコプテス(Knemidocoptes)

宿主



●野鳥・家禽

●げっ歯類

関連疾患



●鶏脚疥癬症

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280