鶏の気嚢ダニ感染

バポナ
バポナ



気嚢ダニは、感受性のある鶏、七面鳥、キジ、クジャク、ハト、カナリア、およびアヒルの呼吸器系に侵入することがあります。


最も一般的なダニの種には、気管、鼻水、肺、気嚢に侵入する可能性のあるSternostoma tracheacolum 、 Cytodites nudus 、およびPtilonyssus sppが含まれます。

気嚢ダニ感染の臨床兆候



●声の喪失

●鳴き声の減少

●せき

●呼吸困難

●無気力

●鼻汁

●くしゃみ

●喘鳴

処置



●支持療法●


鳥を群れから隔離し、安全で快適で暖かい場所に置き、新鮮な水と食物に簡単にアクセスできるような環境にします。 また、ストレスのない生活をさせます。


イベルメクチンまたはモキシデクチン

0.2mg/kgを経口投与。


●環境管理●


小屋からすべての床材を完全に取り除きます。 棲り木や巣箱、餌入れも消毒します。 板の隙間や亀裂に殺虫スプレーでスプレーします。


●バポナ


3日間、小屋の天井部に吊るします。(十分な換気を確保し、鶏の届かないところに吊るしてください)。 1週間後に繰り返します。


バポナは非常に強い薬剤なので、処置する3日間は別の小屋での飼育が良いでしょう。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280