ケトコナゾール(Ketoconazole) ~ アスペルギルス症とカンジダ症を含む全身性真菌感染症の治療に使用される抗真菌薬



ケトコナゾール (ニゾラール) は、アスペルギルス症とカンジダ症を含む全身性真菌感染症の治療に使用される抗真菌薬で、カンジダ症の治療に適した、より安全な抗真菌薬があります。​


またケトコナゾールはストレスを受けた鳥に投与すると毒性を示すことがある。


ケトコナゾールは、ステロイド合成がいくつかのP-450酵素システムをブロックすることによって直接阻害されるため、内分泌作用もあります。


テストステロンまたはコルチゾール合成の測定可能な減少は、抗真菌療法に使用される投与量で発生する可能性がありますが、前立腺癌または副腎皮質機能亢進症の治療に臨床的に有用であるテストステロンまたはコルチゾールのレベルを減少させるには、一般により高い投与量が必要です。


注意:ケトコナゾールは酸性環境下では吸収が促進されるので、H2ブロッカーや制酸剤と(同時に)投与しないでください。

投与量



経口投与:10~30mg/kg、12時間ごと、21日間。


水への添加:200mg/L


飼料中に投与:10~20mg/kg

スポンサーリンク
336×280