角壁腫(Keratoma) ~ 蹄壁組織に円柱状の肥厚を生じる疾患



角壁腫は、馬の足の内側にできる蹄の良性腫瘍です。


通常は蹄冠の下、蹄壁と第3指骨の間のケラチン含有組織に由来します。病巣が深部に達した症例では中程度~重度の痛みや跛行を引き起こします。


角壁腫が蹄尖の白線部分に達すると、蹄壁と足底の間の結合が分離します。


細菌が足に侵入すると膿瘍が発生しますが、これは他の足の膿瘍と同じように見えます。しかし、根底に角壁腫があると、膿瘍が再発する原因となります。

臨床徴候



角壁腫を持つ馬は、同じ足に膿瘍を繰り返した病歴を持つことが多いです。


患部の足に進行性の跛行が見られ、5段階のうち3~4の評価を受けます。一部の馬は、蹄冠に目に見える偏位や膨隆があったり、腫瘤を含む異常な蹄の成長があったりします。


また、膨隆は触ると非常に痛みを伴います。

診断



角壁腫は、病歴(同じ足に膿瘍を繰り返す)、臨床症状、足のレントゲン写真に基づいて診断されます。X線写真では、骨の中のカルシウムが失われているために、蹄の内側の蹄骨に凹みがあるように見えます。

治療



角壁腫の治療は、全身麻酔または鎮静状態での外科的切除です。


MRIガイド下手術は、腫瘍の位置をより正確に特定できるようにすることで、治癒時間を短縮するのに役立ちます。


蹄が元に戻るまでに少なくとも10~12か月かかるため、長期にわたる術後ケアが必要です。 また、出血と感染を制御するために創傷被覆材を定期的に適用して、頻繁な包帯の交換が必要です。


回復期間中に弱くなった蹄を安定させるのを助けるために、
特別な靴がしばしば適用されます。

症状



●蹄壁の膨らみ

●進行性の跛行

●蹄の異常な成長

●同じ足に再発する蹄膿瘍

診断



●病歴

●臨床兆候

●X線写真 – 第3指骨、蹄骨の下縁に沿って、半円状から円形の境界のはっきりした放射線透過性の領域が見えます。

●MRI

治療



※手術

全身麻酔下または立位鎮静下での角壁腫の外科的切除。

※全身抗菌薬

術後感染症を減らすため。

※非ステロイド性抗炎症薬

痛みや炎症を軽減します。

※蹄の管理

術後の安定化のためのエッグバー蹄鉄またはハートバー蹄鉄の適用

予後



●良好。蹄が再成長するまでに最大1年かかる場合があります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280