竜骨損傷 ~ 衝突および高所から落下によって発生します



竜骨損傷は産卵鶏における主要な福祉問題であり、1鶏群あたり56~97%の鶏に影響すると報告されています。竜骨はニワトリの胸から外側に突き出た突出した骨で、翅の飛翔筋の付着点として働きます。


竜骨損傷を受けた鶏は、損傷の重症度と感覚神経への損傷の程度に応じて、長期の慢性疼痛に苦しみます。竜骨の損傷により、他の鶏群と一緒にとまったり、止まり木から飛び降りるのに時間がかかることがあります。

竜骨損傷の原因



竜骨の損傷は、他の鶏や固形物との衝突、および高所から落下によって発生します。


竜骨損傷のリスクが最も高いニワトリ


竜骨の損傷は、骨の弱い雌鶏や、または不適切に設計された止まり木などの竜骨への長期的な圧力による既存の偏位がある鶏で起こりやすい。

臨床兆候



●移動したがらない

●活動低下

●筋萎縮

●跛行・歩行困難

●食欲不振

●衰弱

治療



●支持療法


静かで暖かく、快適な回復エリアで、3~4週間傷ついた鳥を隔離します。体に包帯を巻いて、羽の動きを最小限にします。包帯が滑らないように、少なくとも1つの翼の上下に巻いてください。


●止まり木の高さを下げる

予防



●低い位置に止まり木を設置します。

●止まり木間の距離が60cm未満になるように設計する。

●オメガ3脂肪酸を含む食餌の補給

●柔らかい止まり木を使用します。

●成長期の雌鶏には、骨の強度を高めるために、毎日十分な運動をさせましょう。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280