保護カルガモの状況 (2019.5.4日現在)2019.10.15日放野済み

保護カルガモの状況



2018年12月11日に保護しましたので、本日で145日となります。手を出すと相変わらず噛みつきますが、保護当日に比べるとマイルドです。


毎日庭に出していますが、怯える事もなく安定していて、水浴び・採餌も行いますし、随分と体重も増えました。


下垂していた翼も筋力が付いたのでしょう、若干ですが上がっています。


保護当初は何回もジャンプして飛び立とうとしておりましたが、現在は飛べないと認識したのか飛び立とうとする行動はありません。


野鳥ですので相変わらず警戒心はありますが、最近では人が見ていても見える処迄出てきてプラ船での水浴びや、採餌もしますし、非常に落ち着いているように見えます。


恐らく換羽期(トヤ)は6月~7月に入ってからでしょうから、換羽が終わってから放鳥をと考えていますが、鳥の状態や放野場所等の状況を見て判断したいと思います。


状況によっては放野を見送ることもあります。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280