接合部型表皮水疱症 (Junctional Epidermolysis Bullosa) ~ ベルギー・ドラフトホースやアメリカン・サドルブレッドおよびその近縁種の子馬が罹患します



接合部型表皮水疱症 (JEB) は遺伝性疾患で、ベルギー・ドラフトホースやアメリカン・サドルブレッドおよびその近縁種の子馬が罹患します。


この病態は、皮膚を体に固定するための特定のタンパク質を産生する能力を阻害する突然変異によって引き起こされます。


子馬は蹄壁を失い始め、しばしば体から蹄が分離します。


また、口腔内潰瘍が現れることもあります。状態が悪化すると、子馬は病変による痛みと不快感が増し、病変部から重度の感染症にかかるようになります。

症状



●全身の病変

●口腔内潰瘍

●冠状動脈帯の蹄壁からの分離

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●皮膚生検

●遺伝子検査

治療



※治療法はありません。子馬は安楽死させられます。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280