子牛の関節炎(Joint Ill) ~ 迅速かつ積極的な治療が必要



関節炎は、感染性関節炎や新生子牛多発性関節炎とも呼ばれ、子牛では生命を脅かす緊急事態と考えられ、迅速かつ積極的な治療が必要です。


これは、関節の重篤な感染症です(一般的な部位は、飛節、膝関節、手根骨、まれに股関節や肩)。


大腸菌、サルモネラ菌、ストレプトコッカス菌、アルカノバクテリウム・ピオゲネスなど、さまざまな細菌が原因となります。感染してから24時間以内に関節の腫れや痛みが発生するのが特徴です。

症状



●関節の腫脹および疼痛

●沈うつ

●脱水

●頭部振戦

●跛行

●横になる

●食欲減少

●頸部を後方に伸ばす

治療



※臍をきれいにする

※抗生物質の全身投与

※支持療法

静脈内輸液、全血輸血が必要な場合があります。

※関節洗浄

※手術

関節鏡検査または関節切開術

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280