頭蓋内脂肪腫 ~ 羽冠のあるアヒルに生じる先天性奇形



頭蓋内脂肪腫は、羽冠のあるアヒルの82.3%に生じる先天性奇形です。羽冠は頭蓋骨の頭頂部(これは、鶏等のとさかのある種とは異なっている。鶏のとさかは骨の突起の上にある)の脂肪と結合組織のクッションの上に位置します。


頭蓋内脂肪腫を有するアヒルは無症候性である可能性がありますが、大部分は、影響を受けたアヒルにおける吻側小脳の大規模な変形および小脳葉酸の圧迫によって引き起こされる中枢神経系障害の臨床徴候を発現します。最もよくみられる臨床徴候には以下のものがあります。


●協調運動障害 (運動失調) で、よろよろ歩くように見えることがあります。

●頭部の異常な動き (振戦)

●異常に小さい眼

●痙攣

●斜頸

●行動の異常な変化

●起立不能


神経学的徴候が発現し始めるまでの時間の長さは様々であり、孵化時に現れることもあれば、数週間から数カ月後まで現れないこともある。


X線写真は様々な頭蓋変形および冠毛のクッションにおける非定型骨化構造の証拠を示す。

症状



●異常行動

●斜頸

●頭部振戦

●痙攣

●頭の傾き

治療・サポート



●支持療法

●手術

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280