腸内寄生虫 ~ ニワトリに感染する腸内寄生虫



ニワトリに感染する腸内寄生虫にはいくつかの種類があります。


●盲腸虫


盲腸虫類(ヘテラキス・ガリナルム)は、黒頭病を引き起こすことが知られている原虫寄生体、ヒストモナス・メレアグリジス(Histomonas meleagridis)の主要な媒介生物です。


●コクシジウム


アイメリア属はニワトリにコクシジウム症を引き起こすことで知られている原生動物です。


●サナダムシ


サナダムシは、いくつかの小さな体節からなる扁平な腸内寄生虫です。鉤状の口器を使って鳥の小腸に付着します。


●回虫


回虫は線虫としても知られる寄生虫で、非常に大きくなることがあります。鳥の腸の中で生活し、部分的に消化された腸の内容物を食べています。


●毛細線虫


毛細線虫は毛虫または糸状虫と呼ばれます。非常に細いタイプの線虫です。

腸内寄生虫による合併症



腸内寄生虫は、治療しないと鶏の腸に損傷を与え、食物から栄養素を吸収する能力を低下させます。高負荷は腸重積症と腸軸捻転につながる可能性があり、迅速な獣医治療なしでは致死的です。腸内寄生虫感染症も免疫力を低下させ、二次感染のリスクを高めます。

臨床兆候



●体重減少

●食欲不振

●青白い鶏冠と肉垂(貧血)

●異常な糞

●下痢

●逆立てた羽毛

●衰弱

治療



治療は根本的な原因によって異なります。さまざまな駆虫方法があります。

予防



既存の鶏群に導入する前に、糞便検査を行う。

スポンサーリンク
広告336×280