皮膚疾患(牛)一覧

蹄底潰瘍(Sole Ulcer) ~ 体重の重い高泌乳牛での発生が多く大部分は蹄葉炎に続発します

蹄底潰瘍(ていていかいよう)は、過密で不衛生な環境で生活する乳牛に見られる重大な足の疾患です。 これは、蹄底と蹄踵の接合部の軸側寄りの真皮に出...

記事を読む

ヘビ咬傷(Snake Bite) ~ 牛は放牧地で時々蛇に遭遇することがあり牛が噛まれることがあります

牛は放牧地で時々蛇に遭遇することがあり、その結果、牛が噛まれることがあります。 噛まれた時の重症度は、噛まれた場所、蛇毒の種類、牛の大きさや種...

記事を読む

光線過敏症(Photosensitization) ~ 日焼けによって引き起こされるのと似たような症状を示す重度の皮膚炎

光線過敏症は、日焼けによって引き起こされるのと似たような症状を示す重度の皮膚炎です。 これは、日光と特定の化学物質への曝露の組み合わせの結果と...

記事を読む

シラミ(Lice) ~ ウシの皮膚病の最も一般的な原因の一つです

シラミの寄生はウシの皮膚病の最も一般的な原因の一つです。 ウシに寄生するシラミにはいくつかの種が知られており、ウシジラミ(ハエマトピヌス・エウ...

記事を読む

ヒアリの攻撃(Fire Ant Attack) ~ 牛を噛み付いたり刺したりして襲うことがあります

牛は、牧草地を歩き回っているときに、誤って踏んだり、転がったり、ヒアリ(Solenopsis invicta)によって作られた塚に近づきすぎたりすること...

記事を読む

扁平上皮がん(Squamous Cell Carcinoma) ~ 牛の眼球、上眼瞼、下眼瞼、および第三眼瞼に認められる腫瘍の一種

扁平上皮がん:へんぺいじょうひがん (SCC) は、牛の眼球、上眼瞼、下眼瞼、および第三眼瞼に認められる腫瘍の一種です。 最も多くみられるのは...

記事を読む

子牛ジフテリア(Calf Diphtheria) ~ 若齢子牛(5週齢~24ヶ月齢)に発生する壊死性喉頭炎

子牛ジフテリアは、世界中の若齢子牛(5週齢~24ヶ月齢)に発生する壊死性喉頭炎であり、フソバクテリウム・ネクロフォーラム(Fusobacterium n...

記事を読む

デルマトフィルス症(Rain Scald) ~ 細菌によって引き起こされる牛の一般的な皮膚疾患

デルマトフィルス症は、デルマトフィルス・コンゴレンシス(Dermatophilus congolensis)という細菌によって引き起こされる牛の一般的な...

記事を読む

セレン毒性(Selenium Toxicity) ~ セレンは牛にとって不可欠ですが、あまりにも多くのセレンは毒性があります

セレンは牛にとって不可欠ですが、あまりにも多くのセレンは毒性があります。 セレンは、異なる地理的地域にわたって濃度が異なり、土壌中に自然に存在...

記事を読む

滑液包炎(Bursitis)

手根滑液包炎や足根骨の滑液包炎は、牛の臀部の側方面にある手根前部硬膜包や後天性皮下包に沿って固まったり、ゆらゆらとした腫れのことをいいます。 ...

記事を読む

牛の腐蹄症(Foot Rot) ~ 急性で感染力の強い疾患で腫脹と跛行が特徴

腐蹄症は、ウシの急性で感染力の強い疾患で、腫脹と跛行を特徴とします。 この病気は、フソバクテリウム・ネクロフォーラム(Fusobacteriu...

記事を読む

蹄のびらん(Heel Erosion) ~ 蹄球の角質表面にくぼみができ、それが多く繋がって溝となり割れ目となります

蹄のびらんは、蹄球の角質表面にくぼみができ、それが多く繋がって溝となり、割れ目となります。また、角質がパイ皮のように何層にも分離することもあります。 ...

記事を読む

牛ベスノイチア症(Bovine Besnoitiosis) ~ 宿主組織中にシストを形成するコクシジウムの1つ

ベスノイチアは、アピコンプレックス門に属する寄生性原生生物です。 宿主組織中にシストを形成するコクシジウムの1つで、(ベスノイチア・ベスノイチ...

記事を読む

ハチ刺傷(Bee Sting) ~ ミツバチ毒の致死量は体重1キログラムあたり20回刺されると推定されています

時折、牛がミツバチに刺されることがあります。ミツバチの毒は、高分子量のタンパク質、ペプチド、様々なアミン、単純な有機分子、その他の生理活性成分で構成され...

記事を読む

牛丘疹性口内炎(Bovine Papular Stomatitis) ~ 赤褐色の小丘疹が出現するのが特徴

牛丘疹性口内炎 (BPS) は牛丘疹性(うしきゅうしんせい)口内炎ウイルス (BPSV:2本鎖DNAウイルスで、形態は楕円形をしており、大きさは220~...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280