インスリン抵抗性(Insulin Resistance) ~ 馬のメタボリックシンドロームの主要な構成要素であり、馬の蹄葉炎の重要な危険因子



インスリン抵抗性(IR)は、馬のメタボリックシンドロームの主要な構成要素であり、馬の蹄葉炎の重要な危険因子です。


インスリン抵抗性とは、インスリンが作用する組織(肝臓、脂肪組織、筋肉など)が、通常のインスリンレベルや高レベルのインスリンに反応せず、高レベルのグルコースを全身の細胞に吸収させる代わりに血中に蓄積する臨床状態と定義されます。


軽度の全身性炎症と酸化ストレスは、いずれも肥満とインスリン抵抗性の特徴です。

症状



●異常な脂肪沈着

●クレスティネック(Cresty neck):首が盛り上がっている馬

●蹄葉炎の既往

●目の腫れ

●のどの渇きと排尿の増加

●体調不良

●低エネルギー

●筋肉の萎縮

診断



●病歴

●臨床兆候

●安静時の血清インスリン濃度-高インスリン血症は馬のIRの共通の特徴です。

●ブドウ糖とインスリンの組み合わせテスト

治療



※体重管理

肥満または過体重の馬は、摂取カロリーを制限し、牧草地への出入りを制限し、運動量を増やすことで、減量プログラムを行う必要があります。牧草はNSC含有量の少ないものを選ぶか、給餌前に60分間冷水に浸しておく必要があります。


※飼料を変更する

デンプンや糖分の少ない飼料を選ぶ。また、2回の食事量を増やすのではなく、少量の食事をより頻繁に与える方がよい。


※メトホルミン

良く使用される薬剤ですが、副作用の可能性として、最初に開始したときに軽度の仙痛および低血糖がみられます。


※レボチロキシンナトリウム

体重減少の誘導とインスリン感受性の改善に使用されます。

予防



※馬が太りすぎないようにする

※定期的な運動を行う

※牧草の急速な成長期や干ばつ期の牧草地への出入りを制限する。

※牧草地では放牧用マズルを利用する。

※飼料中の濃厚飼料の使用量を最小限にし、でんぷん、糖質の少ない飼料を給与します。

スポンサーリンク
336×280