ぺっとくすり

ヘルニア(Hernia) ~ 鼠径ヘルニア


鼠径ヘルニア(inguinal hernia, bubonocele)



雄畜の鼠径ヘルニア:馬、豚に発し、犬、反芻獣には少ない。子馬にも発生する。


原因:蹴る、滑走、倒馬、障碍飛越、あるいは重い荷を強く引く、鼠径部を蹴られる、鼓脹、激しい努責、交配などの際に腹圧が急増し、あるいは腹壁が過度に緊張・伸展することによって、鼠径輪が異常に拡大することにより発生する。


症状:ヘルニア門は深鼠径輪です。ヘルニア内容は腹腔臓器、特に小腸、腸間膜および大網であることが多い。ヘルニア嚢は鼠径管です。


後天性のものが多く、普通は片側性です。初期には局所の変化は少ないが、後に患側の歩様は渋滞し、不安の顔貌を呈し、呼吸促拍、疝痛症状などが現れ、時間の経過とともに、局所の腫脹、疼痛が外部より明らかに観察される。


さらに内容の転入が進み、あるいは腸の嵌頓がおこる時は、腫脹は陰嚢にまでひろがり、患畜の一般症状が悪化し、苦悶が著明となります。


診断:大動物では、直腸検査によって確認されます。ある程度の大きさに達したヘルニアは、外部からの触診により、また嵌頓をおこしたものは、患部の変状および全身症状により診断を下すことができる。


治療法:還納可能なものは圧迫、あるいは大動物では、直腸より牽引して整復することができる。嵌頓性のものは陰嚢ヘルニアの手術に準じて、浅鼠径輪・鼠径管・深鼠径輪と、必要により順次切開して、ヘルニア内容を還納する。

雌畜の鼠径ヘルニア



雌犬、雌豚に発し、雌馬にも発生することがあります。


原因:雌畜では鼠径管および浅鼠径輪は存在しているが、鞘状突起は生後しだいに(犬では生後12ヶ月までに)退縮し、深鼠径輪は閉鎖される。


犬では退縮中の鞘状突起の内に妊娠子宮角がはいりこんで、鼠径ヘルニアとなる。また閉鎖された後も、その部には解剖的に弱点があるので、腹圧上昇が誘因となって、鼠径ヘルニアが発生すると考えられます。


しかし、偽鼠径ヘルニアおよび腹壁ヘルニアとの区別は困難です。


症状:犬において、ヘルニア内容が妊娠子宮の場合は、そのまま胎児は発育し、鼠径部は腫大する。また犬では浅鼠径輪が腫大してヘルニアとなり、ヘルニア嚢内に大網、小腸、大腸、膀胱を含有する場合がある。


治療法:鼠径部を切開し、ヘルニア内容を腹腔内に圧迫還納した後、ヘルニア輪を縫合して閉鎖する。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280