炎症性気道疾患(Inflammatory Airway Disease) ~ 気道の炎症と気道過敏性が特徴



下気道炎症(LRTI)とも呼ばれる炎症性気道疾患(IAD)は、呼吸器の健康状態の悪化とパフォーマンスの低下の一般的な原因です。


すべての馬術分野にわたって、競技馬の最大50%に影響を及ぼします。


IADは、運動不耐性、鼻汁、さまざまな咳、気道の粘液の増加に加えて、気道の炎症と気道過敏性を特徴としています。


IADは馬の呼吸器系炎症疾患の中でも軽度のものと考えられており、馬が安静にしている時には呼吸努力が見られない。IADと回帰性気道閉塞(RAO)は、どちらも粒子状物質への暴露が原因となっています。


しかし、IADはどの年齢の馬でも発症する可能性があり、より微妙な臨床徴候を伴います。RAOはより明らかな臨床徴候を示すより成熟したより高齢の馬で発生します。

症状



●高速での運動不耐性

●運動中や食事中によく見られる慢性的な咳

●鼻汁

●運動後の回復の遅れ

●作業中の過度の呼吸努力

●安静時の正常な呼吸数

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●内視鏡検査

●気管吸引/BAL

●X線撮影

●肺機能検査

治療



※環境改変

風通しがよく、埃の少ない敷料や干し草があること。

※薬理学的治療

コルチコステロイドおよび気管支拡張薬の全身投与または吸入。

※オメガ3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)

1.5~3gのドコサヘキサエン酸 (DHA) を2カ月間配合すると、低粉塵食にさらに効果がある。

予防



※粉塵への曝露を防ぐ

※放牧回数を増やす

※干し草の浸漬

※厩舎内の換気の改善

※敷料をホコリの出にくいものに変える

※納屋であまり活動させない

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280