深指屈筋腱支持靱帯の繋靱帯炎(Desmitis Of The ALDDFT) ~ 競走馬における一般的な軟部組織損傷です



深指屈筋腱支持靱帯 (ALDDFT) の繋靱帯炎は、競走馬における一般的な軟部組織損傷です。


ALDDFTは、足根 (手根) の足底 (手掌) 線維性関節包から始まり、提靱帯と深指屈筋腱 (DDFT) の間を遠位に進み、中足骨 (中手骨) 領域のDDFTの背面に挿入される補強靱帯です。


運動中、前肢のALDDFTはDDFTと引張荷重を共有し、遠位指節間および中手指節関節の最大伸展時に荷重を受動的に運ぶことにより、DDFTの過伸展を防止します。


ALDDFTと浅指屈筋腱 (SDFT) は線維束に結合しています。この結合により、一方に重度の病変や炎症がある場合、両構造間の癒着の発生の素因となります。


ALDDFTのほとんどの怪我は前肢で発生します。前肢は、脚を伸ばす立脚期の終わり、またはフェンスを越えて着地した後に最大の負荷がかかります。


進行性の老化による変性変化は、馬に怪我をさせやすくすると考えられています。

症状



●中等度から重度の跛行の突然の発症

●腫れ、熱感、触診時の痛み

●腱部の肥厚

治療



※馬房による休息

※圧縮包帯でサポートする。

※水療法

※非ステロイド系鎮痛抗炎症剤(NSAIDs)

※間葉系幹細胞(MSC)Tenogenic induced MSC (Tendo-Cell)

病変内注射の6週間後に、全処理馬は80%の改善を示しました。

※ALDDFTの外科的靱帯切離術

最後の手段として

予後



●陸上競技への復帰に適している他の腱・靭帯損傷よりも長期の跛行を引き起こす。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280