ぺっとくすり

伝染性ファブリキウス囊病(IBD)(届け出伝染病)



病名
伝染性ファブリキウス囊病(IBD)

病因
IBDウイルス

主な宿主

発症日齢
3~5週齢に多発(2~15週齢)

病気の伝播
速い、水平

死亡率
従来型:0~数%

高度病原型:50%以下

症状
軟便、水様性下痢、ふるえ、衰弱

高度病原型:高度の脱水

肉眼病変
従来型:ファブリキウス嚢の腫大・水腫、ゼリー状物被覆、粘膜面の変色・出血、腔内の滲出物、回復期には萎縮

高度病原型:従来型病変のほか骨格筋暗赤色化(ときに出血)、肝臓暗緑色化、脾臓斑点形成、骨髄の脂肪化

診断
臨床・部検・組織所見、ウイルス分離

抗原検出:AGP、LA

血清反応:AGP、LA、NT、ELISA

予防・対策
ワクチン

伝染性ファブリキウス囊病をもっと詳しく



ガンボロ病としても知られている伝染性ファブリキウス嚢病(IBD)は、若いひよこの急性、非常に伝染性の免疫抑制性疾患です。


この病気は、ファブリキウス嚢(排泄腔嚢)のリンパ組織を主に標的とするビルナウイルスの一種である感染性嚢病ウイルス(IBDV)によって引き起こされます。総排泄腔はニワトリの免疫系の適切な機能に重要な役割を果たします。


鶏は生後3週間から6週間のときに臨床疾患に最もかかりやすくなります。3週齢未満の雛は依然としてウイルスに感染する可能性がありますが、通常は病気の兆候を示しません。


ウイルスに感染したすべてのひよこは、感染時に臨床症状を示すかどうかに関係なく、影響が持続します。ウイルスが総排泄腔に与える損傷は、通常は非病原性の微生物を含む将来の感染に対するより大きな感受性をもたらします。


臨床疾患が発生すると、3~6週齢のひよこは次のように特徴付けられます。

●突然発症し、群れ全体に急速に広がる。

●最初の臨床徴候の一つは水様性または白っぽい下痢で、雛の羽毛に付着するのが見られます。また血液が混じっていることもあります。感染したヒヨコは自分の排泄腔を突いたりするのがよく見られます。

●嗜眠、抑うつ、食欲不振、水分摂取量の減少、群がり、羽毛の乱れ、すぐに立ち上がることへの抵抗などの一般的な非特異的徴候が現れる。

●下痢と水分摂取量の減少は脱水症につながり、すぐに協調運動障害、震え、衰弱が起こります。

●ひなの20~30%は病気の徴候が現れてから3日以内に死んでしまいます。

●残りの群れは通常5~7日後に急速に回復します。


鶏はどのようにして伝染性ファブリキウス嚢病にかかるのか



伝染性ファブリキウス嚢病は、感染した鳥との直接的および間接的な接触、糞便への曝露によって広がります。


ウイルスは感染した雛の糞便中に排出され、環境中で数か月間生存できます。

伝染性ファブリキウス嚢病の潜伏期間



潜伏期間は非常に短く、ウイルス暴露後2~3日以内に臨床徴候が明らかになります。

伝染性ファブリキウス嚢病の診断



生きている鳥類については、血清学的検査、ファブリキウス嚢病理学的検査、またはPCR検査によって診断されます。剖検の結果、膿や血液で満たされた滑液包が認められ、これはこの疾患に特徴的な変化と考えられます。

伝染性ファブリキウス嚢病の治療



治療には支持療法。抗生物質は、二次的な細菌感染の抑制に役立つ可能性があります。

臨床兆候



●食欲減退

●抑うつ 意気消沈

●逆立てた羽毛

●糞で汚れた排泄腔

●白色の水様性下痢

●寄り添い群がる

治療



●支持療法


群れから鳥を隔離し、安全で快適な暖かい場所に置き、新鮮な水と食べ物を与えストレスのない生活をさせます。


●糞便で固まった排泄腔の手入れ


糞が固まってしまうと、排泄物がニワトリの消化管を詰まらせることがあり、ニワトリは死んでしまいます。


温かく湿ったフェイスタオル、乾いたペーパータオル、ワセリンを用意します。手ぬぐいを使って、固まった糞の上にそっとかけます。完全に取り除くことが目的ですが、難易度によっては何度も試してみて少し時間がかかる場合があります。


清潔になったら、乾いたペーパータオルでひよこのお尻を軽く拭き、粘り気のある部分に少量のワセリンを塗って、新しい糞がくっつかないようにします。これを繰り返す必要があるので、ニワトリを良く観察する必要があります。


●プロトカテク酸(PCA)


20mg/kgを5日間


●サイムリン5cH(Thymulin 5cH)


飲料水に希釈する


●キンセンカ抽出物(Calendula officinalis extract)


0.5mlを毎日、7日間飼料に添加

サポートアイテム



●50g Intervits Soluble Multi-Vitamin


この可溶性マルチビタミンは家禽や家畜に理想的です。日齢のひなの育成、病中病後等


●Versele Laga Ducolvit 500ml


液体マルチビタミン製剤です。

予防



●親種鶏および雛のワクチン接種

●バイオセキュリティ

抗生物質で治療後は必ず総合ビタミンミネラル配合剤ネクトンSを与えます
    体調不良のニワトリを抗生物質で治療後には必ずネクトンSを食品カプセルに入れて個々の…
キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280