殻なし卵の増加は塩分の過剰摂取が原因の場合も! 



産卵鶏が食塩としても知られる塩化ナトリウムを過剰に摂取すると、卵殻異常を引き起こすことがあります。


報告されている最も一般的な卵殻異常の1つは、殻のない卵の数の増加です。


過剰な塩化ナトリウムは、卵殻腺の卵を囲む液体中の二酸化炭素の張力、重炭酸塩とカルシウムの濃度を著しく低下させます。

塩分の過剰摂取での臨床兆候



●殻なし卵

●卵の異常

対策



●総食餌摂取量を評価する


●鳥の餌に余分な塩分を含まないようにする。


●水質検査を行う


※水源が井戸からのものである場合、水質検査は特に重要です。

予防



水源の水質検査を毎年実施する。

危険因子



高塩分を多く摂ること


特に井戸水を使用している場合は、水質検査を行わなかった

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280