嗉嚢食滞 ~ 難消化性の異物の存在により嗉嚢食滞が発生する可能性があります



嗉嚢の正常な機能が阻害され、その結果、食物の通過が部分的または完全に妨げられる場合に生じます。嗉嚢は食道がポケットから出ているような状態で、鶏の餌の一時貯蔵用の袋のようなものです。


頸部の体腔のすぐ外側に位置していて、鶏では消化の初期段階です。中身がいっぱいになっているのか、空っぽになっているのかがわかることもあります。嗉嚢が影響を受けると、満腹になったように感じられます。


※次のような難消化性の異物の存在により、嗉嚢への影響が発生する可能性があります。


●ひも(工芸品、干し草、人工芝、カーペットなど)

●長い葉の草(観賞用または牧草/庭用の品種)

●羽毛

●特定の果物の皮(バナナ、柿など)

●敷料又は敷料(わら、木くず、削りくず)

●プラスチックまたは金属の物体


鳥類が筋肉の収縮の問題を抱えている場合には、嗉嚢への食物の正常な移動を制御しているのが筋肉の収縮であるため、二次的に発生する可能性があります。マレック病のいくつかの型は筋肉収縮問題、特に嗉嚢の機能に関連することが知られています。


※嗉嚢停滞は、嗉嚢食滞を有するニワトリの二次的合併症として発生します。

嗉嚢食滞の治療



治療は原因、鳥の健康状態(この状態の早期発見が理想的である理由)、食滞の深刻度によって異なります。消化管の外傷は、異物の摂取による二次的な結果として生じることが多い。


例えば、牧草用ベールネットを摂取した鶏が虚血壊死により舌を失った事例がいくつかありました。他の患者は二次性敗血症と気嚢炎を発症しました。治療が遅れると病状が急速に悪化し、二次感染、飢餓、脱水、死に至ります。

臨床兆候



●拡大した嗉嚢

●嗉嚢が空にならない

●糞の減少

●通常よりも少量の排泄物

●食欲減退または食欲不振

●口渇の増加

●活動低下

●首を左右にねじる

●開口呼吸

●口臭

●悪臭を放つ水様嘔吐物

●衰弱

●総排泄腔付近の羽毛にペースト状の糞便が付着しやすい

治療



●支持療法


鶏群から患者を隔離し、補助的な暖かさとストレスの少ない静かな環境で管理します。


●水に硫酸マグネシウム(エプソム塩)を、飼料に液状糖蜜を加える。


●手術


獣医によって行われ、食滞を引き起こしている異物を除去します。

予防



●鳥が砂利を自由に利用できるようにする。

●定期的に草を刈っておき、必ず刈り取って鳥が近寄らないようにしてください。

●鳥には常に新鮮で清潔な水をたくさん与えてください。

●鶏が羽毛や金属、プラスチック、紐などの物体に近づかないようにしてください。

●鶏を堆肥に近づけてはいけません。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280