セイヨウトチノキの毒性(Horse Chestnut Toxicity) ~ 木の一部を摂取すると馬に毒性があるとされています



セイヨウトチノキ(アエスキュラス・ヒッポカスタニウム:Aesculus hippocastanum)は、木の一部を摂取すると馬に毒性があるとされています。セイヨウトチノキは、都市部や農村部で観賞用としてよく見られます。


セイヨウトチノキは汚染の影響を受け、重金属で汚染された地域では、その根に菌類の内生菌が定着します。


また、その樹木は30メートルを超える高さまで成長することがあります。通常1個から5個の果実ができ、果実は緑色で柔らかいとげのあるカプセル状で、1つの(稀に2つか3つの)トチの実と呼ばれるナッツのような種子を持ちます。


花は通常白色で赤い斑点があり、春に咲きます。


20個から50個の小花からなる円錐花序で、高さは10cmから30cmになり、秋になると、葉は落ちる前に明るい黄色、金色、茶色に変わります。

症状



●疝痛

●赤い粘膜

●運動失調

●過敏症

●筋肉のふるえ

●筋力低下

●痙攣

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●臨床検査

治療



※活性炭

(1~2g/kg経口)

※支持療法

輸液、鎮痛薬など。

予防



※牧草地に侵入する可能性のある雑草や、馬にとって有害な植物の種類を知っておきましょう。

※牧草地を定期的に散歩して、潜在的に有毒な植物の存在を確認する。

※干し草に乾燥した有毒植物が含まれていないことを確認する。

※農機具を貸し借りする場合は、敷地に到着する前にきれいにしておきましょう。

※新しく導入した動物は、到着後10日から2週間は別のパドックで隔離します。雑草の種子は動物の消化管を通過する可能性があります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280