ウスユキナズナ(ホーリー・アリソン)の毒性(Hoary alyssum toxicity) ~ 蹄葉炎を引き起こす可能性があります



ウスユキナズナ(ホーリー・アリソン)(ベルテロア・インカナ:Berteroa incana) は、馬が摂取すると有毒です。


ウスユキナズナは肢の浮腫による跛行を引き起こすことがあり、重症例では、牧草地またはウスユキナズナで汚染された干し草を摂取した場合に蹄葉炎を引き起こす可能性があります。


ウスユキナズナは灰緑色の毛の多い茎をもち、頂部近くで枝分かれし、高さは約30cm~90cmになります。灰緑色で、毛が多く、楕円形で細く、葉は互生していて、縁は滑らかで、長さは約1.3~7cmです。


花は小さな白い切り欠きの入った花びらのように見え、早春から晩秋にかけて咲きます。


ウスユキナズナは、毛の多い楕円形の種莢の先端に短いくちばしがあります。その種子は花が咲いている間に発芽することができます。


遅れて発芽した苗はロゼットとして残り、翌年に花と種を作り、冬の一年草または二年草として繁殖します。時には、シードバンクを形成して、種子を最長9年間も休眠させることもあります。


この植物の種子は、飼料や芝生の種子、汚染された干し草などに頻繁に混入します。


ウスユキナズナによる干し草の30%以上の汚染は馬に有毒であり、跛行、四肢浮腫、溶血、循環血液量減少性ショック、および蹄葉炎の臨床徴候を引き起こします。


ウスユキナズナを摂取している馬の50%弱が臨床症状を示しているため、重症度は消費された植物の量と馬によって異なります。馬が毒性の徴候を示し始めるまで、通常、植物の摂取後12~24時間かかります。

症状



●四肢の浮腫 (下腿のむくみ)

●嗜眠

●発熱(39.4℃)

●デジタルパルスの増加

●跛行

●関節拘縮

●蹄葉炎

●牝馬の流産

●赤色尿

●出血性の下痢

診断



●病歴

●臨床徴候

●身体診察

●全血球算定

●血清生化学的分析

●尿検査

●X線撮影

治療



※支持療法

重症の場合は輸液と電解質の投与

※抗炎症・鎮痛療法

フルニキシンメグルミンまたはフェニルブタゾン

※冷水水治療

四肢浮腫の治療のため

※食餌からの植物の除去

※蹄葉炎が発症した場合の治療法

予防



※30%以上のウスユキナズナを含む干し草は、馬に与えてはいけません。

※牧草地に侵入する可能性のある雑草や、馬にとって有害な植物の種類を知る。

※定期的に牧草地を散歩して、有毒植物がないか確認する。

※干し草に乾燥した有毒植物が含まれていないか確認する。

※農機具を貸し借りする場合は、敷地に到着する前に、その農機具がきれいになっていることを確認する。

※新しく導入した動物は、到着後10日から2週間は別のパドックで隔離する。

スポンサーリンク
336×280