ヒストプラズマ症 ~ ニワトリの真菌疾患



ヒストプラズマ症は、Histoplasma capsulatum(ヒストプラズマ‐カプスラーツム)によって引き起こされる感染性であるが非感染性の真菌疾患です。


動物園の鳥類で一般的に報告されており、ときにニワトリや七面鳥でも報告されています。本疾患は世界中で発生しますが、米国ではミズーリ川、オハイオ川、ミシシッピ川に接する地域で土着性であることがわかっています。


ニワトリはH.capsulatum胞子を含む粉塵を吸入することにより感染します。多くの場合、鳥類は他の真菌 (通常はアスペルギルス属) と同時に感染しており、最近何らかのストレスの多い出来事を経験しています。


この疾患は、微生物の培養、組織病理学、およびヒストプラスミン感受性の3つの基準に基づいて診断されます。特徴的な組織病理学的所見は、直径2~4µm(マイクロメートル)の細胞質内の狭い出芽酵母を伴う組織球性から肉芽腫性の炎症です。

臨床兆候



●体重減少

●慢性呼吸器症状

●食欲不振

治療



●アムホテリシンB


1mg/kg投与IT TID + 1.5mg/kg静注


●支持療法

予防



●鳥やコウモリの糞の蓄積を伴う土壌への暴露を減らす。

●感染した土壌および糞便に3%のホルマリンを噴霧すると、一部の胞子が破壊されます。

●鳥を過密にしたり、ストレスを与えたりしてはいけません。

●適切な管理慣行を実行する。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280