ヘルニア ~ 臓器などが本来あるべき位置から外に出てしまった状態



ヘルニアは、臓器などが本来あるべき位置から外に出てしまった状態を指します。腹壁ヘルニアは、内臓などの組織片が、鳥の腹腔を囲む筋肉の壁の1つが弱くなって突き出ている状態です。


高齢の雌アヒルは、産卵、卵結合、またはエストロゲン過剰症の影響の結果としてヘルニアを発症する可能性が高い。その他、最近の手術またはその領域の損傷、いきみ、腹部腫瘤などがあります。


ヘルニアは筋力低下および筋緊張の結果として発生し、産卵に関連することが最も多いです。ヘルニアを患っているアヒルは通常外科的修復を必要とします。


治療の遅延や欠如は、呼吸窮迫、排尿困難および糞便、ならびにヘルニア嚢内で移動する腹部内臓全体につながる可能性のある表面をこすることによって、腹部をさらに外傷する可能性があります。


ヘルニアのもう一つの重篤な合併症は腸閉塞であり、組織の絞扼により鳥に致死的となりえます。

症状



●膨隆またはしこり

●腹部腫脹

●皮膚潰瘍

●出血

治療・サポート



●手術


ヘルニアは、開腹手術または腹腔鏡手術のいずれかで修復できます。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280