肝炎脾腫(HS)症候群 ~ 鳥E型肝炎ウイルスによって引き起こされる肝感染症



肝炎脾腫(HS)症候群は、層状肝炎とも呼ばれ、鳥E型肝炎ウイルス(HEV)によって引き起こされる肝感染症です。鳥類のHEVは、エンベロープを持たない、ポジティブセンスの一本鎖RNAウイルスです。遺伝的に関連していますが、人間や豚のHEVとは異なります。

E型肝炎ウイルス(HEV)とは



HEVは重要ですが、非常に研究が進んでいない病原体です。ニワトリ、ウサギ、ラット、シカ、ブタ、おそらくウシおよびヒツジを含む多くの動物種で同定されています。ブタはHEVの保有宿主として認識されており、ヒトへの異種間および人畜共通感染の可能性があります。このウイルスは、北米、中国、スペインの商業産卵鶏で確認されています。

ニワトリにおけるHS症候群の臨床徴候



HS症候群の鶏は、さまざまな程度の肝障害に苦しんでいます。 中国山東省の感染したブロイラー種鶏は、退行性卵巣、広範囲の壊死と肝臓の出血、肝臓と脾臓の肥大が見られました。 肝疾患はニワトリの腹部の血性液、血管炎、肝臓のアミロイドーシスを引き起こします。

臨床兆候



●食欲不振

●腹部の腫れ

●産卵低下

治療



●支持療法

予防



●バイオセキュリティー

●豚との接触を最小限にする

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280