ヘンドラウイルス(Hendra Virus) ~ ウイルスによるヒト、ウマの新興感染症



ヘンドラウイルスは、正式には馬モルビリウイルスとして知られるヘンドラウイルス(HeV)の感染によって引き起こされる致死的な人獣共通感染症で、オーストラリアに生息する馬の感染が懸念されています。


HeVは主に馬に感染し、まれに人間や犬にも感染します。


HeVは、パラミクソウイルス科のヘニパウイルス属のパラミクソウイルスです。1994年、オーストラリア・ブリスベン郊外のヘンドラで飼育されていたサラブレッド競走馬21頭に急性呼吸器疾患が発生した際に、初めてHevが確認され、調教師と厩務員も感染して死亡しました。


1995年には、ヘンドラウイルスに感染して死亡した馬のうち2頭の剖検中に、3人目のヒトの症例が発生しました。それ以来、オーストラリアの東海岸に限って11件の感染が発生し、少なくとも51頭の馬が死亡しています。


馬は、病気の馬の世話をしているときや、死んだ感染した馬の剖検や処理をしているときの密接な接触によって、ヒトに感染を伝播する中間宿主となります。

ヘンドラウイルスの臨床徴候



ヘンドラウイルスは、馬に様々な臨床症状を引き起こします。


原因不明の病気で、健康状態が急速に悪化する進行性の徴候を持つ馬であれば、その原因の可能性を考慮すべきです。馬のヘンドラウイルスの徴候は、急速に発症し、急速に悪化していきます。


最初は一般的な症状で、呼吸器系や神経系に関連した症状を含みます。一般的な徴候は以下の通りです。


●抑うつ

●頻繁な脚間の体重移動

●41℃までの発熱

●心拍数の増加


呼吸器系の兆候は以下の通りです。


●速い呼吸

●呼吸困難

●死亡時の鼻汁は、最初は透明で、白い泡または血液で汚れた泡に進行します。


ヘンドラウイルスに関連する神経系は以下の通りです。


●目的もなくぼうっとした状態で歩く

●頭部傾斜

●旋回、回転行動

●ふらつき歩行

●片眼または両眼の明らかな視力障害

●筋肉のひきつり

●立ち上がれない

●尿失禁

ウイルスの感染経路



オオコウモリとして知られるフルーツコウモリ(​プテロプス種:Pteropus species)は、このウイルスを広める原因となる自然宿主です。


オオコウモリ同士、あるいはオオコウモリから馬へのHeVの正確な感染経路は、まだはっきりとはわかっていません。ヘンドラウイルスの感染経路は2つあります。


※感染したオオコウモリから馬へ

馬の餌や水の入った容器を果樹や花の木の下や近くに置かないことが重要です。


※感染した馬がヒトや他の動物へ

罹患した馬は隔離しなければなりません。

ウイルスのライフサイクル



ヘンドラウイルスの潜伏期間は4~16日です。


この病気の臨床経過は一般的に短く、ほとんどの馬は最初の臨床症状が出てから48時間以内に死亡します。


ヘンドラウイルスは、宿主である動物の外では数時間から数日以上は生存しません。

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●ウイルス分離

●PCR

●ELISA

●SNT

●抗原検出

治療



※獣医師・保健所への報告

※安楽死

予防



※ワクチン接種

※餌や水を入れる容器はすべてカバーで覆う。

※オオコウモリの群れとの接触を減らすために、夜間は馬を屋根のある囲いや木のない囲いのあるパドックに入れるようにしてください。

※樹木の下で馬が草を食むのを防ぐために柵を設置する。

※敷地内に木を植える際には、馬のパドックやその近くにオオコウモリを誘引する木を植えないようにしましょう。例えば、イチジクや、モモ、ビワ、マンゴーなどのフルーツの木などです。

※病気の馬を敷地内に連れてくる前に、獣医師の診断を受けてください。

※ヘンドラの疑いのある馬を飼っている場合は、適切な当局から許可が出るまで、他の馬を敷地外に移動させてはいけません。

※病気の馬はヒトや他の動物から隔離しておきましょう。

※敷地内に病気の馬を隔離するための検疫エリアを計画する。

※ヘンドラウイルスの感染を防ぐために、馬を扱った後や扱った間には、十分に手を洗うことを忘れないでください。

予後



ほとんどの馬は臨床症状が出てから48時間以内に死んでしまうか、死体で発見されます。

スポンサーリンク
336×280