出血性腸症候群(Hemorrhagic Bowel Syndrome) ~ 成乳牛の非常に致死的で散発的な急性消化管疾患



出血性腸症候群 (HBS) は、成乳牛の非常に致死的で散発的な急性消化管疾患です。HBSの牛は、腸内で大きな血栓が発生し、閉塞を引き起こし、腸のサイズが大きくなります。


HBSに関連する臨床徴候には、急性腸炎、脱水、ショック、ときに腹痛などがあり、牛は臨床徴候の発現から12~36時間以内に死亡することが多い。


HBSの正確な原因は不明ですが、ウェルシュ菌(クロストリジウム パーフリンジェンス:Clostridium perfringens)または(アスペルギルス・フミガーツス:Aspergillus fumigatus)と関連すると考えられています。

症状



●元気喪失

●歩行を嫌う

●苦悶

●疝痛

●不安症状

●血便

●出血性下痢

●呼吸困難

治療



※迅速で積極的な支持療法

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280