熱ストレス ~ 日陰を作って対策しましょう



高温多湿の気象条件では、鶏は特に敏感で熱中症の危険もあります。ニワトリは体温が高く、汗腺がないので、羽の下など羽毛の少ない部分から熱が放散されるように羽を上げているのがよく見られます。


また、単純に汗をかくよりも多くのエネルギーを必要とします。最終的には、暑さから解放されずに、鳥は熱ストレスで疲れます。


ニワトリが過度に呼吸すると呼吸数が増加し、産卵にも影響を及ぼします。これは体内のイオン化カルシウムの量が原因です。産卵鶏では卵殻形成に多量のカルシウムを必要とするため、卵殻が薄いか小さい卵の発生が増加したり、産卵が減少することが多いのです。


※熱ストレスを防ぐために利用するいくつかの管理方法があります。


●すべての群れに常に新鮮な水、冷たい水、清潔な水を提供する


水やりは日陰に置き、氷を入れ、こまめに水を足し、こまめにチェックしてください。


●複数のシェード(日陰を作る)を張る


日陰には、日差しから逃れるために群れの仲間が行くのに十分な日陰が、一日中あるべきです。


●換気の確保


換気の悪い場所にいるニワトリは、空気の流れを妨げるため、熱ストレスのリスクが高い。


●空気を動かし続ける


ファンを設置して、風の露出と良好な空気の流れを最大化します。または、低木や木を伐採したり、他の構造物を別の場所に移動したりするなど、空気の流れを妨げている可能性のある物体を排除します。

臨床兆候



●あえぎ

●嗜眠

●口渇の増加

●産卵低下

●伸ばした脚と翼

●飼料摂取量の減少

●衰弱

●水っぽい糞

治療



●管理


空気の流れと換気を最大化し、鶏を過密にしない。


●ファン


ファンにミスト機能を付ける。


●氷


暑い日のリフレッシュに


●冷却台


鶏が涼しくなるようにする

予防



●適切な換気を確保して、十分な空気の流れを確保した禽舎を作る。

●断熱材を使用した壁と、熱の反射をよくするために白色または明るい色の塗料で外壁を塗装する。

●夕方または早朝に涼しいときに給餌する。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280