ハヤブサ・ヘビクイワシ

ハヤブサ
ハヤブサ

●ハヤブサ

徳川時代にはオオタカと共に鷹狩に多く用いられました。このタカはオオタカよりやや大きいキツネ、野ウサギを捕らえるのも良く、外国では今でも鷹狩に使っています。


ヘビクイワシ
ヘビクイワシ

●ヘビクイワシ

アフリカに原産する鳥で、ワシタカ目ヘビクイワシ科に属しています。世界中で1種だけが知られている珍しい種類です。高さは1メートル以上あり、活発に歩き回り、一見するとタカの類とは思えない鳥です。


食べ物はその名の通リアフリカに多い毒蛇です。この為現地では、自分の庭園にヘビクイワシを放し飼いとして毒蛇が入ってきたら食べさせるようにしています。


日本でも奄美諸島に多い毒蛇のハブを駆除するために、この鳥の輸入をすすめる学者もいます。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280