フタトゲチマダニ ~ 牛のピロプラズマの媒介ダニとして特に重要



フタトゲチマダニ(Haemaphysalis longicornis)、Haemaphysalis属のマダニは色が黄褐色ないし茶褐色、眼はなく、花彩をもつ


本種の雄は2.5 x 1.6mm、雌は2.9 x 1.8mm


雌の背板は帯赤黄色で円形に近く、その長さと幅はほぼ同じです。


放牧牛に多数寄生するほか、哺乳類や鳥類にも寄生します。牛のピロプラズマの媒介ダニとして特に重要です。


朝鮮半島、ロシア、中国北部、ニュージーランド、オーストラリア、日本などに分布し、本邦では屋久島以北に、全国的に分布します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280