ウシバエ ~ 宿主は牛ですが、ヒトや馬に寄生した報告がある



ウシバエ(Hypoderma bovis)、これらのハエは一見、マルハナバチ(bumble-bee)に似ていて、体表は密生した黒色と黄白色の毛で覆われています。また口器は退化する。


ウシバエはキスジウシバエよりも大形で体長13~15mm、キスジウシバエは11~14mmです。卵は両種とも長さ0.8mm


宿主は牛ですが、ヒトや馬に寄生した報告があります。寄生部位は幼虫が体内を移行するため広く、最終的には背部皮下に腫瘤をつくります。


両種とも北アメリカ、ヨーロッパ、アジアに分布し、両種の分布は重複しますが、ウシバエの方が北方に分布します。


ウシバエは北海道への土着が認められてから、青森や熊本でも発生が報告されました。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280