喉嚢鼓張症(Guttural Pouch Tympany) ~ 喉嚢内に空気が溜まる疾患



喉嚢鼓張症:こうのうこちょうしょう(GPT)は子馬に見られる稀な疾患で、通常は生後数日以内に発症します。GPTは、物理的な障害ではなく、嚢の咽頭開口部の先天性機能不全に起因すると考えられています。


GPTは、雄馬よりも雌馬に好発することが多く、アラビア種が最も影響を受けやすい。GPTは通常、片側性に発生します。


GPTは、外科的治療なしでは致命的となる可能性があります。外科的治療を行っても、馬は術後咽頭神経筋機能障害を発症する可能性があります。

症状



●疼痛を伴わない大きな腫脹

●嚥下困難

●異常呼吸音

●呼吸困難

●咳

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●内視鏡検査

●X線写真

治療



※抗生物質

※抗炎症薬

※患部の喉嚢へのカテーテル挿入による減圧

※手術-中隔正中の開窓術

予後



外科的に矯正され、片側性に発生した場合は良好

両側喉嚢を外科的に矯正する場合は要注意

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280