ガチョウ(鵞鳥)(Goose)

白色シナガチョウ
白色シナガチョウ



●動物分類学上の位置
  • 脊椎動物門:Vertebrata
  • 鳥類綱:Aves
  • 水禽目:Natatores
  • 雁鴨科:Lamellirsstres
  • 雁属 :Anser
  • 鵞鳥(ガチョウ):Anser domesticus L.


ガチョウの起源



野生のガン(雁)を家畜化したものです。これに3つの起源が考えられています。


●ヨーロッパおよび北アジアに広く野棲する灰色雁(Anser anser)および真雁(Anser albifrons)からでたヨーロッパ原産のもの


●ナイル渓谷に野棲するナイル雁(Chenalopex aegytiacus)からでたエジプト原産のもの。


●中国北部に野棲する酒面雁(Cygnopsis)からでた中国産のもの。


ガチョウの飼育は古代エジプトがもっとも古く、B.C. 2000~3000年ころからと推定されています。ただし、現在エジプト原産のガチョウは、その分布範囲も狭く、数も少ない。


ヨーロッパでは、ギリシャのホーマー時代に、すでにガチョウが飼われており、バビロニヤ地方から輸入されたとみられています。


また、中国もガチョウ家畜化の年代は、相当古いといわれています。

日本における歴史



中国より輸入されたのか、またもともと本邦にあったのか不明です。


文献に現れた最初は、雄略天皇の朝に呉からガチョウの献納があったことがあります。また、足利時代にはすでに食用になっています。


徳川時代に肉が賞味されていたことを示す文献もあります。


明治維新前に、ヨーロッパ種が長崎を経て、京都その他にも入っています。明治初期には、白色支那種が本邦のガチョウの大部分でした。


その後、漸次、欧米種が輸入され、本邦では大体、観賞用や品評会用でした。食用としてはわずかに、クリスマスの食卓に特別の人が用いる程度でした。


ついに、ふつうの食用として飼育されるまでにはいたらずに、現在に至ります。

品種の分類法



主な用途は肉用ですから、すべて肉用種というべきのものでしょう。とくに産卵の多いものは、いまだ育種されていません。

白色シナガチョウ(White Chinese)



中国大陸北部の原産。シナガチョウには、羽装の白色と褐色とのものがありますが、白色が多い。近年、アメリカに輸入されて改良されました。

外観



羽装白色、頭部前端にコブがあります。体格はガチョウとしては小型で、成体重は、雌4.5kg、雄は5.5kg

能力



産卵数は年間40個くらいで、卵重は160g。強健で飼いやすく、肉質も比較的良い。


外敵に対する警戒心は、ガチョウのうち、これが最強です。

分布



アメリカ、カナダに多い。


本邦にいるガチョウの大部分は本種ですが、その羽数は少ない。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280