ヤギ(山羊)の病気一覧

ピロリジジンアルカロイド(Pyrrolizidine alkaloid toxicity) ~ ヤギの慢性肝疾患の一般的な原因

ピロリジジンアルカロイド(PA)の毒性は、ヤギの慢性肝疾患の一般的な原因です。これは、PAを含む植物を繰り返し摂取することによって引き起こされます。 ...

記事を読む

トウワタ中毒(Milkweed poisoning) ~ トウワタには有毒な強心配糖体が含まれています

トウワタ(唐綿)は、キョウチクトウ科の多年草で、南アメリカが原産地です。寒さに弱いため、日本では一年草として栽培されます。 トウワタ中毒とは、...

記事を読む

コヨティロ中毒(Coyotillo poisoning) ~ 完熟した果実と種子は特に毒性が強い

ヤギにおけるコヨティロ中毒は、動物や人に毒性のあるコヨティロ(全草有毒、完熟した果実と種子は特に毒性が強い):クロウメモドキ科(カルウィンスキア・フムボ...

記事を読む

ドングリ中毒(Acorn poisoning) ~ ドングリはヤギに毒性があります

オーク(落葉樹であるナラ(楢)の総称:コナラ属)のドングリ、若芽、小枝、葉は、十分な量を摂取するとヤギに毒性があります。 これらには、加水分解...

記事を読む

硝酸塩中毒(Nitrate poisoning) ~ ヤギに急性毒性を引き起こす可能性があります

硝酸塩中毒は、ヤギが硝酸塩を蓄積する植物を食べたり、特定の環境条件によって硝酸塩濃度が上昇することによって引き起こされます。 肥料、肥沃な畑か...

記事を読む

エンテロトキセミア(Enterotoxemia) ~ ウェルシュ菌の産生する腸管毒による中毒

エンテロトキセミアは、ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)の産生する腸管毒による中毒です。 腸内毒素血症とも呼ばれ、...

記事を読む

結膜炎(Pinkeye) ~ ウイルスまたは細菌感染などさまざまな理由で起こる

結膜炎は、結膜の炎症です。炎症は、環境刺激物質に対する反応やウイルスまたは細菌感染など、さまざまな理由で起こります。 左右どちらか片方の目だけ...

記事を読む

口蓋裂(Cleft palate) ~ 口蓋裂の閉鎖が部分的または完全に閉鎖しないまれな先天性の欠損

口蓋部における破裂があるものを口蓋裂といい、口蓋裂は、胎児の発生初期に口蓋裂の閉鎖が部分的または完全に閉鎖しないまれな先天性の欠損です。 これ...

記事を読む

細菌性肺炎(Bacterial pneumonia) ~ 多くの場合、既存の呼吸器感染症の二次合併症として発生します

細菌性肺炎は上気道感染症で、多くの場合、既存の呼吸器感染症の二次合併症として発生します。臨床症状は、肺炎の種類、ヤギの年齢、健康状態によって、軽度から重...

記事を読む

トキソプラズマ症(Toxoplasmosis) ~ 子山羊や豚では、高熱が持続する稽留熱および肺炎が顕著

トキソプラズマ症は、原虫であるトキソプラズマ・ゴンディ(Toxoplasma gondii)によって引き起こされる一般的な感染性の人畜共通感染症で、ヒト...

記事を読む

藍藻の毒性(Blue-green algae toxicity) ~ ヤギは汚染された水源の水を摂取することで中毒を起こします

シアノトキシンとしても知られる藍藻(シアノバクテリア)が生産する毒素の総称です。水の華、アオコを形成するシアノバクテリアに毒素を生産するものが多く、汚染...

記事を読む

低マグネシウム血症(Lactation tetany) ~ 低マグネシウム血症を有するヤギが筋痙攣を発症することです

低マグネシウム血症は、授乳テタニーとも呼ばれ、血中マグネシウム濃度が低いという生命を脅かす状態です。これは、春の牧草地で授乳する場合によくある問題です。...

記事を読む

低カルシウム血症(Milk fever) ~ 妊娠中に必要とされるカルシウムの摂取量が不足していることが原因

低カルシウム血症は、乳熱と呼ばれ、血中カルシウム濃度が低い状態であり、妊娠中に雌の乳用ヤギに影響を与えることがあります。 ヤギは、出産中または...

記事を読む

破傷風(tetanus) ~ 急性の通常は致死的な疾患

破傷風は、破傷風菌(クロストリジウム・テタニー:クリストリジウム属破傷風菌)が産生する非常に強力な神経毒によって引き起こされる急性の通常は致死的な疾患で...

記事を読む

狂犬病(Rabies) ~ 致死的な人畜共通感染症

狂犬病は、ヤギの中枢神経系に影響を及ぼす致死的な人畜共通感染症です。この病気は、リッサウイルス属の狂犬病ウイルスによって引き起こされます。 ワ...

記事を読む

灰白質脳軟化症(Polioencephalomalacia) ~ 反芻動物に見られる神経疾患

大脳皮質壊死症(CCN)とも呼ばれる灰白質脳軟化症 (PEM) は、反芻動物に見られる神経疾患であり、複数の要因によって引き起こされます。 そ...

記事を読む

リステリア症(Listeriosis) ~ 流産、敗血症または髄膜脳炎の急速な発症を特徴とします

リステリア症は、リステリア菌による細菌感染症です。この疾患は、流産、敗血症または髄膜脳炎の急速な発症を特徴とします。 死亡は臨床徴候の最初の発...

記事を読む

白筋症(White muscle disease) ~ セレンやビタミンEの欠乏によって引き起こされる急性の筋壊死

白筋病(WMD)は、セレンやビタミンEの欠乏によって引き起こされる急性の筋壊死です。 罹患したヤギは移動を嫌がり、衰弱し、発育不良、筋肉病変を...

記事を読む

フロッピーキッド症候群(Floppy kid syndrome) ~ 子山羊が突然筋力低下を起こす神経症状

フロッピーキッド症候群とは、生後3日から10日以内に子山羊が突然筋力低下を起こす神経症状です。 原因は不明で、ほとんどの子山羊は回復しません。...

記事を読む

腐蹄症(Footrot) ~ ヤギは足の手入れを怠ると腐蹄症にかかりやすくなります

腐蹄症は、伝染性、衰弱性、炎症性の細菌性疾患です。これは、ディケロバクター・ノドーサス(Dichelobacter nodosus)とフソバクテリウム・...

記事を読む

山羊関節炎・脳炎(Caprine arthritis encephalitis) ~ 発症した成獣では関節炎が緩やかに進行し起立不能に至る

山羊関節炎・脳炎(CAE)は、レトロウイルスである山羊関節炎脳炎ウイルス(CAEV)によって引き起こされる、ヤギの届出伝染病です。 CAEの...

記事を読む

アカバネ病(Akabane disease) ~ ヌカカ、ネッタイシマカおよびアカイエカの一部の種によって感染します

アカバネ病は、ブニヤウイルス科アカバネウイルス(Akabane virusu)感染によるウシ、ヒツジ、ヤギなどにおける感染症で、感染したヌカカ、ネッタイ...

記事を読む

スナノミ症(Tungiasis) ~ スナノミがヤギの皮膚に侵入して埋没することで起こる寄生虫症

スナノミ症は、ツンガ属:Tunga属(ノミ目:Siphonaptera:シフォナプテラ)のメスのスナノミがヤギの皮膚に侵入して埋没することで起こる寄生虫...

記事を読む

疥癬(Sarcoptic mange) ~ 夏期に感染する機会が増えます

疥癬は、センコウヒゼンダニおよびキュウセンヒゼンダニの寄生に起因します。 山羊ではヤギセンコウヒゼンダニによる被害が最も多いです。めん羊、山羊...

記事を読む

ブドウ球菌性皮膚炎(Staphylococcal dermatitis) ~ ヤギにおける一般的な皮膚感染症

ブドウ球菌性皮膚炎は、ヤギにおける一般的な皮膚感染症であり、スタフィロコッカス・インターメディウス(Staphylococcus intermedius...

記事を読む

白癬(Ringworm) ~ ヤギの体のどこにでも発生する可能性があります

白癬は、カビの一種である白癬菌(角質親和性真菌:皮膚糸状菌として知られている)が皮膚に感染して起こる病気です。 白癬菌は、皮膚の角層や毛髪に...

記事を読む

キュウセンヒゼンダニ症(Psoroptic mange) ~ 高齢のヤギに多く見られ冬に多く発生する傾向

キュウセンヒゼンダニ症(Psoroptic mange)は、ウサギキュウセンヒゼンダニ(Psoroptes cuniculi)による感染症で、最も一般的...

記事を読む

落葉状天疱瘡(Pemphigus foliaceus) ~ 皮膚のまれな自己免疫疾患

落葉状天疱瘡は、皮膚のまれな自己免疫疾患で、ヒト、ヤギ、ウマ、ネコ、イヌに発症することがあります。 1カ月から7歳まで、ヤギのすべての年齢層に...

記事を読む

ヨード欠乏症(Iodine deficiency) ~ ヨウ素を含むバランスのとれた食餌を与える

ヨード欠乏症は、主に幼獣に見られる栄養上の問題であり、他の家畜よりもヨウ素の必要量が高い。ヤギの成獣は、甲状腺に蓄えられているヨウ素を利用して、季節的な...

記事を読む

ショクヒヒゼンダニ症(Chorioptic mange) ~ ダニによる病変、軽度の痂皮形成および痂皮の鱗屑が特徴

ショクヒヒゼンダニ症は、ショクヒヒゼンダニ:Chorioptes bovisおよびC.capraeダニによって引き起こされます。 病変、軽度の...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280