ニワトリの緑内障 ~ 外傷のリスクを減らすことで予防



緑内障は、眼から脳への視覚情報の遮断につながる眼疾患群です。緑内障のほとんどの症例では、眼圧(IOP)として一般的に知られている眼圧の上昇が網膜神経節細胞(RGC)アポトーシスを介して視神経への損傷を引き起こします。


鶏は緑内障を原発疾患として、または外傷に続発して発症することがあります。緑内障は眼球突出の他の原因(膨れているか、または拡大した眼)と鑑別する必要があります。

緑内障はどのように診断されるのですか?



緑内障と確定診断するには、獣医があなたの鶏の眼の中の眼圧(IOP)を測定する必要があります。これは、眼圧計を使用することによって測定されます。鳥の眼の正常な眼圧は9.2から22mmHgです。

緑内障はどのように治療しますか?



緑内障の主な治療法は、点眼薬、経口薬、ときに手術によって眼圧を下げることです。緑内障治療に用いられる一般的な薬物には以下のものがあります。


●浸透圧剤


これは迅速な結果をもたらすことで知られており、緑内障の緊急管理時に最も頻繁に用いられます。動物に使用される最も一般的な薬物は、マンニトール、グリセリンおよびイソソルビドで、これらは全身投与され、細胞外液に分布し、血漿浸透圧を上昇させます。


●炭酸脱水酵素阻害剤(CAI)


これらは、房水産生に必要な毛様体での重炭酸塩の生成を阻害することで知られています。最も一般的に使用される外用薬には、ドルゾラミドおよびブリンゾラミドがあります。CAIはイヌおよびネコにおいて非常に有効であることが示されています。


●ベータ遮断薬


これらはヒトに非常に効果的であることが知られており、ヒトの治療に最も一般的に処方されています。動物、特にウマの緑内障治療に使用されており、チモロールは最も一般的に使用される薬物です。


その他の外用β遮断薬には、レボブノロール、ベタキソロール、メチプラノロールおよびカルテオロールが含まれます。


※病状が進行した場合は、眼を摘出する手術が必要になります。

臨床兆候



●眼の肥大

●失明

治療



●ドルゾラミドの外用


炭酸脱水酵素阻害薬の一種で、最初は1日に2〜3回塗布され、その後滴定されて効果が現れます(4〜5日かかる場合があります)。


●浸透圧剤


マンニトール、グリセリンまたはイソソルビド。


●手術


全身麻酔下での眼球摘出(眼球除去)手術。

予防



外傷のリスクを減らします。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280