馬の胃潰瘍(Gastric Ulcers) ~ 食道、胃、十二指腸の粘膜の潰瘍化を特徴とする馬の最も一般的に報告されている病気の一つです



馬の胃潰瘍症候群(EGUS)は、一般的に「胃潰瘍」とも呼ばれ、食道、胃、十二指腸の粘膜の潰瘍化を特徴とする馬の最も一般的に報告されている病気の一つです。


胃潰瘍は、馬の種類や年齢を問わずに発症しますが、競走馬や競技馬に多く見られ、75~90%が少なくとも軽度の胃潰瘍を持っていると報告されています。


馬の胃潰瘍は、胃酸が馬の胃の粘膜の一部を侵食することによって起こります。


馬の胃は、酸が分泌される腺部と、胃酸が広がると潰瘍が発生しやすい無腺部(重層扁平上皮)から構成されています。胃潰瘍は罹患した馬に痛みを与え、慢性的な痛みの原因となり、馬の行動や運動能力に影響を与え、疝痛のリスクを高めることになります。


胃潰瘍に罹患した馬の多くは、食欲低下、体重減少、便の緩みなどの症状を示します。また、腹痛や疝痛の症状を示す馬もいます。


馬の胃潰瘍は最終的にストレスと馬の自然な生活習慣の変化の結果です。


自然界では、馬は1日の大半を様々な種類の新鮮な飼料を食べているため、胃の中で食物が消化され、胃酸が絶えず分泌されています。


その代わりに、1日2回しか与えられない濃厚飼料、他の馬とは隔離された馬房や馬運車で長時間の移動、大きなストレスを与える毎日の運動を要求されると、胃腸系に影響を与えることになります。


非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)による治療は、馬の胃潰瘍に関連しています。NSAIDは、馬の用法用量よりも多い量を投与されたり、頻繁に投与されたりした場合に、潰瘍を引き起こす可能性が最も高くなります。

症状



●食欲不振または食行動の変化

●運動能力の低下

●行動の変化

●沈鬱

●腹部不快感

●被毛状態が悪い

●体重減少

●唾液分泌過多

●軽度の仙痛

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●内視鏡検査

治療



※オメプラゾール

※シメチジン

※ラニチジン

※ファモチジン

※制酸剤

※スクラルファート

※ミソプロストール

※NSAIDの減量または中止

※食餌を再評価する

※放牧地の利用率を増やす

※経鼻胃管

※パパイヤ:錠剤、果肉、果物

※効力を高めたポリアニオン性植物糖(PEPPS)

予防



※ストレスを最小限に抑える。

※放牧スケジュールのルーチン化

※栄養バランスのとれた食餌を与える。

※NSAIDsの使用を最小限に抑える。

※常に新鮮な水を飲めるようにする。

※低食餌デンプン食を与える。

※アルファルファの干し草は、胃を保護する効果があり、胃の中で緩衝材の役割を果たすので、これを与える。

※給餌間隔を6時間以内にする。

※体重450kg以上の馬に、6時間ごとに2.3kg以上の穀物を与えてはいけません。

※カロリーを増やす必要がある場合は、1日2回コーン油 (コップ1杯) または浸したビートパルプで栄養を補う。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280